妊娠性痒疹・便秘・むし歯・胃もたれ・不眠。いろいろあるも幸せな妊娠中期

シューナです。いまモーレツに体調不良っ☆

なぜかというと、前回の記事を書いていたらつわりが蘇ってしまったから。

shew7.hatenablog.com

 

 

え・・・?

そんなことあるの?あるみたいです。なんだろう。繊細すぎるのかな。文章打ちながら、当時を思い出していたらどんどん気分が悪くなってっちゃった。ううう。気を取り直して今日は妊娠中期の話です。

 

 

 

全身にあらわれる、異変

 

前述の通り妊娠4ヶ月まで吐きづわりに悩まされた私。つわりがおさまると、今度はマイナートラブルが次々とおそいかかってきた。マイナートラブルとは妊娠中におこる不快症状で治療の必要がないものをいうらしい。便秘・胃もたれ・不眠など。症状はそれだけでなく、私の場合虫歯や湿疹で病院に通うこともあった。(これは治療したのでマイナートラブルとは言わないか)

 

そんな妊娠中期の出来事をざっくりお伝えするよ!イメージ的には妊娠初期のつわりが破壊力1000のパンチで、妊娠中期のこれらは破壊力50のパンチをあらゆる角度から受ける感じかな。つわりに比べたらたいしたことないけど、なんか、いろんな方向からくるな~って。

 

内容が多くなっちゃったので目次おいておきます。悩んでるとこ読んでみてね。

 

 

(1)かゆい!妊娠性痒疹で肌が黒ずむ

 

背中がかゆい。手足もかゆい。冬だから、空気が乾燥してるからだと最初は思ってた。でも一向におさまらないかゆみ。ある日おふろで自分の背中を見てビックリ!なにこれ・・・?かいた跡が黒く残ってる。一生消えなかったらどうしよう。

 

赤かった傷が黒っぽく変化していて、自分の肌にショックを受けた。こんなにかいたのもはじめて。こんなにかきむしり跡が残ったのもはじめて。これはさすがに皮膚科に行こうと決意した。ネットで検索したら「妊娠性痒疹(ようしん)」だと分かった。妊娠性湿疹とも呼ばれて、妊娠の影響で突然かゆくなってしまうというもの。

 

ただ、そんなに多くの妊婦にあらわれる症状ではないみたい。そしてもっとつらいかゆみを体験している妊婦さんもいるらしかった。私はそこまで重くないようだ。産婦人科ではなく、はじめから皮膚科に行ってみた。背中のかき跡を見せて、保湿剤と塗り薬をもらって帰宅。初診も入れて3回くらい通った。

 

「妊娠性痒疹」とは言われなかった。薬の塗り方を教えてもらって終わり。炎症をおさえる薬の名前は忘れちゃった。保湿剤はヒルドイド。塗り薬とヒルドイドで落ち着いた。ヒルドイドの消費が激しかったので、一回の通院で3~4個とか多めにもらうようにしていた。最後は余っちゃったけどね。妊娠6ヶ月に通い終わったから、悩んでいた期間は1~2ヶ月くらい。

 

肌の黒ずみは出産するころにはきれいに治っていたよ。

 

 

 

(2)産後までつづいた便秘

 

つわりの影響で一気に小さくなった胃ぶくろ。妊娠中期でも1日1~2食でお腹いっぱいだった。食べる量が少ないので便秘になるのも当然といえば当然。食べる量を増やすと吐いてしまうので、なんとか食べ物を変えることによって便秘を解消しようと試みた。

 

・納豆 ←発酵食品

・キムチ ←発酵食品

・さんま缶詰め ←ヘルシーにアミノ酸摂取

・とろろ ←食物繊維

・豆腐 ←大豆よーし!

・里芋とかのうま煮 ←根菜ごろごろ食物繊維

・ヨーグルトオリゴ糖かけ ←乳酸菌、乳酸菌のエサ オリゴ糖

・サジー(フィネス黄酸汁) ←最強免疫汁

 

 

腸の研究で有名な藤田鉱一郎さんの本とか読んだ。ごめん、どの本かは忘れちゃった。なんか料理家とコラボ執筆してレシピも載ってる本なんだけど。タイトルに「腸」って入ってて・・・。

 

食事療法、結果はどうだったのか。やらないよりマシ程度かな。ふつーの人がやればめちゃめちゃ効くと思うの。ただ、やっぱ妊娠中だからホルモンとかなんかの関係でしょうね、改善は難しかった。希望のない話でごめんだけど、妊娠中~産後まで便秘は続いたね。出口が痛くてラナンキュラス注入軟膏も使ってた。だいぶ込み入った話になってしまったね。妊娠は綺麗な話ばかりじゃないのれす。

 

 

(3)お金のかかった虫歯治療

 

これは痛くて病院にかけこんだわけじゃなく、妊娠中に治療しといた方が良いということで定期検診に行った。調べてもらったら虫歯4本見つかって3回以上通った。

 

希望したわけじゃないんだけど、歯槽膿漏チェック?もされた。あの先のとがった器具で歯茎を順番に刺していくやーつね。怖いよね。歯石除去も希望した覚えがないんだけど、いつの間にかされた。

 

あれは何なの?歯の定期検診といったら歯石除去と歯茎チェックは必須項目なのか。子どものときそんなんやったっけ…謎だ。

 

そんなこんなでけっこうお金飛んだね。こういう費用も医療費控除で申請できるから領収書は全部取っておいた。皆さまもお忘れなく~。我が家では医療費控除で3,000円戻ってきたよ。あと市民税からも同額引かれるらしいから6,000円くらい得した計算。得というと語弊があるけど、お金戻るならそりゃやるよね。

 

話もどって、なんで妊娠中に歯なおした方がいいかというと、産後は通うヒマがないとかお腹の子に虫歯菌がうつるだとか諸説ある。うつるとか本当か。

 

でも私が一番気になっていたのは自分の歯がボロボロになったら困る!!ということ。どこで聞いたか忘れたけど、お腹の赤ちゃんはたくましくって、自分の成長に必要なカルシウムが足りなければお母さんの骨からもらうんだと。ヒエーーーーーー。

 

そのせいかは断言はできないけど、歯がボロボロになる人は事実いる。恐ろしや。妊娠中カルシウムは意識して摂取したけど、プラス歯科への通院で自分の歯をとにかく守りたかった。歯の健康大事!

 

 

 

(4)胃もたれ、ムカムカ

 

胃がムカムカするって何よwwwとか思ってましたが、妊娠によって痛いほど分かりました。うん、分かったから、もういいから。早く元の君に戻ってくれ。。。常にといっても過言ではないくらい胃のムカムカは続く。胃がどんより、もたれる感じ。でもつわりに比べたらたいしたことない。31wになるとやっと胃もたれが解消されてきた。

 

 

 

(5)寝れない…不眠で昼夜逆転

 

これは妊娠中期から、というより初期からすでにあった。朝方の3時に眠れたら全然ましな方で、夜まったく眠れず午前9時にやっと眠くなる。かといってそのリズムが続くわけじゃない。もう日によって違う。これはなかなかつらかった。開き直れないんだよね。妊娠中だからしょうがないじゃん!って頭で分かっていても割りきれなかった。夫が隣で夜寝てるのに、かたや私は寝れない。つらい。なんだろう、昼寝てるからいいってもんでもなくて「満足に寝れてる実感が乏しい」の。乏しすぎる。

 

心がやられたなあ。これは結局産後ますます加速することになるんだけどね…。

 

私が夜まとめて5時間とか寝れるようになったのは割と最近で、娘が1歳になったころ。「ねんトレ」とかすればもっと早くにラクできてたのかなあ。当時はそういう方法を紹介した本の存在もうっすら知っていたんだけど活字読む気力もないし病んでたし寝れないループが延々と続いていたね。寝れないと心も病んでくから、対処法があるなら絶対やった方がいい。ママがすでに負のループに陥っちゃってるときはパパや周りの人がまずまとめて眠れるように、なんかこう、うまくもっていってほしいな。

 

 

 

 

でも、たのしいこともあったよ!!

 

悩んでいたことをピックアップしたら暗い感じになっちゃった。でもね、実際はつわりが終わったことがうれしくて、妊娠初期よりは気楽に過ごせていたよ。妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期だと圧倒的に初期がつらい。

 

妊娠中期は胎動がはじまったり、性別が分かったりとハッピーなこともあるのだ。(妊娠6ヶ月ごろ)

 

あと、お腹が日に日にでかくなるので妊婦帯するか問題が出てくる。してみた方がいいよ。した方が楽な日としたくない日があった。妊婦帯つけてるとクシャミしたときに楽だった。ただ、普段からゆるゆるファッションの私にとって締めつけが嫌に感じる日もあって、段々つけなくなっちゃった。

***

 

 

こうして振り返ると妊婦らしい妊婦ライフを送ってるね。

出産を終えるとこうした不調はうそのようになくなるから不思議。(新たな別の悩みがやってくるんだけどさ)

 

 

 妊婦さん、自分をいたわってのんびり過ごしてくださいね!