良い暮らしをするためのお金稼ぎ、節約、育児、料理、マインドについて役に立つ情報を発信するサイト『gwoodライフ』

gwoodライフ

サイト内検索

スポンサーリンク

お金

DOCOMOから楽天モバイルに変更して良かった点3つ

更新日:

 

スポンサードサーチ

①、圧倒的に価格が安い!

 

DOCOMO歴、17年でずっとファミリー割引も適用し、一番安いプランを申し込んでいた私。

その月々のお値段はこんな感じでした。

 

 

これは上から順番に、私の携帯料金、固定回線、妻の携帯料金、タブレットの4つの契約を合算した内訳です。

課金しなくても、合計月々16000円以上(赤枠部分)かかっています…。

携帯代金だけでは、8300円かかっていることになります。

しかも、その8300円も『光回線』を引いて割引適用、さらにファミリー割引適用になっても、8300円ですので、本来はもっと料金がかかり、2人で10000円くらいでした。

携帯のMNP契約のアルバイトもしていた私ですが、『MNP(乗り換え)』した方が確実にお得なのは分かっていました。

(ちなみに、『MNP』とは『Mobile Number Portability』のことで、要するに電話番号はそのままで、契約する会社を買えるという事です。)

しかし、『2年縛りがあったこと』と、家族全員がDOCOMOで『ファミリー割引』も適用されていた事もあり、中々『MNP(乗り換え)』することをずっと後回しにしていました…。

でも、この『明細』を見ても、いつまでも躊躇することができますか…?

 

 

もちろん、固定回線を抜いた金額です(注意)

そして、タブレットも解約しました(注意)

そして、楽天ポイントも支払いに充てていますので、5月の月々料金は、『452円

50分の1になってしまいました…。

 

ちなみに今の私の契約プランはこんな感じです。

私:ダイヤモンド会員⇒月々980円+保証サポート500円=1480円(1年間)

妻:楽天会員⇒月々1480円+保証サポート500円⇒1980円(1年間)

合計⇒3460円(1年間)

※1年後は2980円×2=5960円(特別割引がなくなっても、大手キャリアより4000円ほど安い!)

 

ポイントでの支払いを考えなくても、月々の請求額が減っているのは…分かりますよね。

とにかく『格安スマホ』はDOCOMO(大手キャリア)と比べ、格段に安いのです。

 

②、楽天モバイルは2019年10月1日以降契約なら、解約手数料は0円

 

大手キャリアにありがちだったのが、解約手数料。

現在au、softbankは、解約手数料をいつでも1000円前後で設定していますが、DOCOMOは2019年10月より前に契約していた場合、通常通り10000円近く手数料がかかるようになっています。

プランを『ギガホ2』に変更しても、結局解約手数料は取られます。(なんでやねん)

私も2台分の解約で手数料20000円以上、取られました…。

そもそもなんで解約するのに、解約手数料がかかるのか謎だったんですが、我々はそういう『契約書』にサインしている以上、支払わなければなりません。

ただし、2019年10月から、ようやく『2年縛り』という良く分からないルールが見直され、10000円くらいかかっていた解約手数料が1000円程度に変更されました。

しかし、楽天モバイルは2019年10月1日以降の契約ならば、解約手数料がタダ。

つまり、気に入らなかったら、いつでも『MNP』することができるわけです。

しかも、DOCOMOは解約するとなると、必ず『電話』あるいは『窓口』での解約手続きを取らざるを得ません。

しっかし、DOCOMOコールセンターに電話が全くつながらない!

そして、『窓口』に行っている時間もない!

コロナ禍で『窓口』業務が制限されていた頃、コールセンターに50回くらいかけても、つながりませんでした(笑)

でも、楽天モバイルならネット上で簡単に解約手続きがとれます。

もう何度も忌々しい(笑)DOCOMOのBGMを聞かなくて済むわけです。

 

③、楽天会員なら楽天モバイルが明らかにお得

 

楽天会員の人は、まずポイントの還元が受けられます。

楽天市場でお買い物をする人なら、ポイントの倍率が+1倍となります。

仮に、10000円の買い物をすると、通常100ポイントだったものが倍の200ポイントになるわけです。(楽天市場なら本来もっとポイント還元されます)

 

こんな感じで、特別ポイントのような形で毎月還元されます。

 

しかも、もしあなたが『ダイヤモンド会員』ならば、機種変更せずとも、最大7800円分のポイント還元が見込めます。

 

 

オンラインでの契約+Rakuten Link(電話アプリみたいなもの)⇒3000円分

事務手数料分の還元⇒3300円分

ダイヤモンド会員⇒1500円分

合計 7800円分

※仮に『ダイヤモンド会員』じゃなくても、6300円分のポイントは還元

 

また、対象になっている機種も一緒に契約すると、最大15000円分のポイントが還元されますので、それも合算すると、22800円分のポイントとなります。

↑期間限定の還元もあるので、確認必須です…。

  

楽天モバイルの新プラン、『UN-LIMIT』がすごい

 

私は現在、旧プランの『スーパーホーダイ』ですが、今300万名対象に『1年間プラン料金無料』のキャンペーンをやっています。

その名もRakuten『UN-LIMIT』。

1年間無料て・・・。

 

『UN-LIMIT』の概要

300万名対象に、プラン料金無料

楽天回線エリア⇒通信無制限で使い放題

楽天回線エリア外⇒5GBまでさくさく使える(前は2GBだったのに…)

通話⇒Rakuten Linkというアプリ使用で無料

SMS⇒Rakuten Linkというアプリ使用で無料

※海外とのやり取りは、地域によって変わりますので注意!!

 

以前はパートナー回線2GBまでだったんですけどねぇ…。

5GBあれば、月々動画を見てる方でも大体それくらいに抑えることもできますよね。

これだったら、私も新プランで申し込みしてました…。

ちなみに、地方に関しては、ほぼ楽天回線エリア外と思ってください。

店員さんに確認したところ、随時エリア拡大を図っているとのことですが、まだまだ全国へのエリア拡大は時間がかかりそうです。

1年間月々無料かつ5GBまで使用できるというこの2点。

月々の通信費を抑えたいという方には、おすすめです。

コロナ禍で不況になることは見えてますから、今のうちに固定費を削減する方向にシフトした方が良いと私は思います。

貯金をするには、支出をいかに減らし、収入をいかに増やすかだと思います。

契約とか『MNP』とかってかなり面倒な作業なんですけど、頑張ってそこは家計の維持のためにやってみてはいかがでしょうか。

下のリンクから『UN-LIMIT』の概要が見れます↓

  

スポンサーリンク

-お金
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© gwoodライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.