良い暮らしをするためのお金稼ぎ、節約、育児、料理、マインドについて役に立つ情報を発信するサイト『gwoodライフ』

gwoodライフ

サイト内検索

スポンサーリンク

お金

戸建ての電気代を安くする簡単な方法(ケチケチ節約しなくてOK)

投稿日:

  

コロナウイルスにより、失業する人、給与が下がる人、ボーナスが減った人などが増えているようです・・・。

実は私も毎月の給料が減ってしまい、かなり焦りました。

所得が減れば、どこかで節約しないといけないっ!!

でも、格安スマホにして通信費も抑えたし、食費も極力外食を減らして節約しているし・・・!

あとは・・・電気代を安くするしかないかないっ!!

でも、コンセントをこまめに抜いたり、冷蔵庫の開け閉めを減らしたりなんて、めんどくさくて続かない!!

というわけで、今回はケチケチ節約しなくても、『戸建ての電気代を安くする簡単な方法』をご紹介します。

 

スポンサードサーチ

戸建ての電気代を安くする方法は『契約会社を変える』こと

 

電力の自由化により、今は様々な会社が電力事業に参入しています。

そして、従来の○○電力の契約よりも、安くお得な料金プランを出しています。

つまり、電気代を最も安くする方法は、『契約会社を変える』ことです。

契約会社を変えるってどういうことかって言いますと・・・。

携帯電話の乗り換え(MNP)と同じ仕組みです。

いわゆる、電気回線はそのままで、『契約会社だけ変える』というものです。

実は、我が家も先日申し込みましたが、地方の電力会社から『楽天でんき』に契約を変更しました。

すると・・・やっぱり電気料金が安くなるんです・・・!

 

なぜ『楽天でんき』で電気代が安くなるのか

 

どうして、ただ契約会社を変えただけで電気代が安くなるのか。

それは、『楽天でんき』のある2つの特徴があるからです。

その特徴とは。

基本料金が0円

従量料金が一定(電気使用量に応じて料金が変わらない)

というものです。

電気料金は、本来はこんな風に決まっているようです。

電気料金=基本料金+電力量料金±燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金

難しくなるとアレなので、基本的に燃料費調整額や再生可能うんたらかんたらは、気にしないでください(笑)

簡単に表すとこんな感じになります。

電気料金=基本料金+(従量料金×月の使用量(kwh))

戸建ての電気基本料金は、契約アンペアとお住まいのエリアによって開きはありますが、基本的に60アンペアで1700円以上はします。

つまり、この基本料金が0円になるということは、それだけで電気料金が1700円以上安くなるというわけですね。

また、従量料金が一定であるというのは、何が良いのでしょうか。

通常の○○電力という料金プランは、電気使用量に応じて、『従量料金単価』が高くなります。

例えば、九州電力を見てみましょう。 

 

九州電力 従量電灯B 料金プランより

 

この表を見ると、300kwhを超過すると、従量料金が『26.06』円になっていますよね。

一方、『楽天でんき』はどうかというと・・・?

 

Rakuten Energy 楽天でんき

 

『楽天でんき』の九州電力エリアの従量料金は一律『23.50』円となっています。

つまり、26.06円-23.50円=2.56円/1kwh安くなる!というわけですね。

基本料金と従量料金が安くなる⇒電気料金が安くなる。

ということなんですね。

 

私が『楽天でんき』でシミュレーションした結果、戸建ての電気代がここまで安くなった

 

以前、シミュレーションした『楽天でんき』に切り替えた時の料金内訳です↓

  

 

そして、実際に切り替えた時の安くなる、お得になる料金がどのくらいかのシミュレーション結果です↓

 

 

電気代だけでも、13,645円分安くなる結果となりました。

私はちなみに、楽天カード、楽天市場、楽天モバイルなどを併用している『楽天ヘビーユーザー』なので、ポイントを考えればもっとオトクになっています(笑)

 

『楽天でんき』に申し込んで、戸建ての電気代を安くしてみませんか?

 

戸建ての1ヶ月の大体の電気使用量は、350~400kwhと言われています。

そうなると、○○電力の従量料金は、『楽天でんき』の従量料金よりも高くついてしまいます。

だから、戸建てに住むご家庭は、『楽天でんき』の方が電気代が安くなるのではないかと思います。

この下に『楽天でんき』を申し込んだ際に、どれだけ安くなるかのシミュレーションができるサイトがありますので、良かったらやってみてください↓

 

  

ちなみに、『楽天でんき』

戸建ての電気代を安くするには、『契約会社を変えること』が近道

 

月々の電気代を安くするには、楽天でんきなどの『格安でんき会社』と契約することが、一番の近道だと私は思います。

ちなみに『楽天でんき』を申し込むにあたって必要なものは、今使用している電力会社の『契約内容』『お客様番号』などが書かれた『電気料金明細書』と引き落としの『クレジットカード』が必要となります。

あとは、工事料金も手数料も0円。

面倒な書類記入も、電力会社への連絡も不要です。

ちなみに従来の電気回線も使用しているので、停電が頻繁に起こるといった事もありません。

従来と同様の生活が出来る上、料金が安くなるわけですから、正直やらないのはもったいないなぁ・・・と思います。

毎月の電気代を安くして、少しでも貯金や贅沢品に回してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-お金
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© gwoodライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.