「言葉が遅れている」「アスペルガーだ」ってそんな簡単に言う?

こんにちは!シューナです。夫にイラついた出来事があったんです。聞いてください。

夫が突然「この子は言葉が遅れている」

モンさんがココナと遊んでいるときに一言。

「ココナは元気だな。でも言葉は遅れているな

はい?言葉が遅れている・・・突然なにを言いだすの?

ココナは現在1才4ヶ月。しゃべる言葉はママ、パパ、まんま、バイバイ、ワンワン、にゃんにゃん、どうぞ、ちょーだい、うん、バーン、やったー、(いないいない)ばぁ~。特に言葉が遅れていると思ったことはありません。大人が分かる言葉のほかに宇宙語っぽい呪文をよく喋ってるし、むしろよく話すな~という印象。

モンさんも何か言葉を覚えさせようとしていたわけでもなく、ボール遊びをしている最中に突然「言葉が遅れている」発言です。どうした?一体なぜそう思った?謎。でも、先日こんな話をしていたことを思い出しました。

同僚の子と比べていた

2~3日前、モンさんがこんな話をしていました。

「同僚に8ヶ月の男の子がいるんだけど、すごいんだ。もう走れるんだって。お父さんがスポーツマンだから、早く歩けるようにするためにいろいろ調べたらしいんだよ。それで足のマッサージを毎日してるんだって」

「それはすごいね。8ヶ月で歩いたり、走ったりするのは早いね。お父さんも熱心だね」

ココナも8ヶ月のときには歩いていたので、どちらかというと早い方だったと思います。

「お返事ももうできるらしいよ。名前を呼ぶとハーイ!って元気よく返事して手を上げるんだって」

「ふ~ん。すごいね」

そういえばココナも習い事のリトミックでお返事教わっていたな。はじめて教わったことだったし、一回目だから出来なかったけど、真似しようとしてた。きっとだんだん理解するだろうな。

「アンパンマンってもう言えるんだよ。すごくない?」

「すごいね。そんな長い単語言えるんだね」

そういえば同じくリトミック習ってる子もアンパンマンって言ってたな。ココナはアンパンマンのアニメ見たり、グッズもってたりしていないから言ってないだけだと思う・・・。ほかの家庭ではけっこうアンパンマンにまみれているのかな。

内心、ほかの子どもの自慢を延々と聞かされてむっとしていました。いや、すごいけどさ、あんまり強調されると「お前も娘をちゃんと教育しろよな」って聞こえちゃうんですよね。まあ、モンさんも悪気なく言っていると思うので、ふつーにうなずきながら聞いていました。

***

モンさんの「言葉が遅い」発言は、おそらくここから来ているのでしょう。それまでなんとも思っていなかったけど、同僚の話を聞いて、子どもを比較して心配になったと。

アンパンマンが言えない→言葉が遅れている

でも、正直いって安直すぎるでしょ。決めつけがひどい。

アンパンマンが言える→すごい

アンパンマンが言えない→言葉が遅れている

お返事できる→すごい

お返事できない→言葉が遅れている

いや~~~~どう考えても偏った見方でしょ。同僚の息子さんと比べたくなる気持ちは分かる。でもさ、そうやって単語の一つ一つで比べるのって不毛すぎるよ

ココナはアンパンマンも言わないしお返事もしないよ。でも「どうぞ」「ちょうだい」が言えるよ。それなのに、勝手に言葉が遅れているとか決めつけないでほしいんだよね。

私はふつふつと怒りがわいてきました。

「ココナは別に言葉遅れてないよ?」と返事をしました。

「そうか・・・」それ以上は言わないモンさん。

「1才4ヶ月だとこんなもんでしょう。なにを心配してるの?」

決めつけ夫にイラつく妻

夫、妻と立場は関係ありません。子育てを中心的にやっている人に対して、周りが無神経な言葉を投げつけるのはよくある話ですよね。よくあってほしくないですが、好意的に見ればみんな子どもを想ってのことでしょう。心配してるんです。愛情があるから心配もする。ただその心配の仕方がちょっと問題なだけなんでしょうね。子育てしている人を傷つけたり、モヤモヤさせたりしているかもしれません。

今回も、モンさんの言葉にイラっときました。これくらいで言葉が遅い?一体何を目指しているの?普段英才教育しているわけでもないのに、突然言葉が遅いだと?ふつうですけど。決めつけるな。ココナに失礼だぞ。普段関わっている私にも失礼だぞ。無神経だぞ。しかも証拠もなにもなく、同僚の子と比べてその子を勝手に基準にして、勝手に比べられてたまったもんじゃねえ!!

モンさんは安直というか、たまにこういうことがあります。ココナがお気に入りのおもちゃで遊ぶ様子を「○○にこだわってるみたいで~~」と私が表現したことがありました。好意的な意味で「こだわる」という表現を使いました。自我が芽生えてきたんだね、ものの区別がしっかりついているんだね、ものに愛着があるんだね、そんなニュアンスで使ったのですが・・・。モンさんは「こだわり?もしかしてアスペルガーじゃないか?」

・・・

アルペルガー・・・て

どうしてそーなるの!!!!!

お気に入りのおもちゃで遊んでいた話なのに、アスペルガー???はいいいい???話聞いてた???????もうね、「こだわってる」って単語に反応してるだけなんです。「こだわりが強い=アスペルガー」ってモンさんは思ってるんでしょうね。確かに特徴の一つには間違いないんでしょうけど、今の文脈でそれ言う?私深刻な顔してた?

「こだわり」から勝手に「アスペルガー」に話を飛ばして・・・。私はガックリです。本人の様子を見ると本気で心配しているというより冗談で言っている様子。いやいや、冗談だったとしてもクソつまんねーよその冗談。

ていうかこうやって安直に障がいやハンディキャップの名称出すのもどうなの?本人的におもしろいとでも思ってるの?誰が笑うか。

まとめ:心配してもいいけどさ~

あのさ、心配してもいいけどさ!なんだろう、無神経なのやめてほしいんだよな。具体的にどうしてほしいかって言われると難しいんだけどさ・・・。

同僚の子と比べて「言葉が遅い

お気に入りのおもちゃで遊んで「アスペルガーかも

って・・・はああああ・・・。ため息が出るほど安直。冗談だって?冗談だとしても全く笑えないですからね。

言葉が遅いとかアスペルガーとか、それ自体が問題ではないんです。早期発見できたら子どもにとっても親にとってもいいよね。その子にあった教育ができるからね。

私がイラついているのは、簡単に言うな!ってこと。勝手に発達の早い子と比べたり、医者でもないのに診断したり、「何がしたいの?」って正直思います。もちろん子どものことで気になることがあったらささいなことでも言ってほしい。でも決めつけるのは違うでしょ!失礼だよ!というお話でした~。