人形用うさみみカチューシャの作り方

こんにちは!シューナです。ちいぽぽちゃんの洋服を作ったら、ヘアアクセも作りたくなりました。

元気な印象のうさみみ・ワイヤーカチューシャです。

かっ・・・かわいい。

パンツとおそろいのデニム生地で作りました。

※デニムパンツの作り方はこちらの記事でくわしく説明しています。

うさみみカチューシャの完成図

まず、完成品をいろんな角度からご覧ください。

どの角度から見てもかわいい~ほれぼれ~。特に左下、クレヨンしんちゃんみたいな横顔たまりませんな。

今回、作成にあたって下記の記事を参考にしました。サイト運営者のはにべさんありがとうございます!

参考:ワイヤー入りカチューシャの作り方 : はにべ日和

手順だけ参照して、あとは人形用にアレンジしています。型紙や寸法などははにべ日和さんと異なりますのでご注意ください。

材料・道具

・ワイヤー(100均のアルミ針金)

・布

・メジャー

・ミシン

※ほつれ止めは必要ありません。切った部分がすべて隠れるのでほつれても問題なし。

あたまの長さを測る

どのくらいの布が必要なのか?布を切る前に、まずお人形の頭の長さを測りましょう。

我が家ではちいぽぽちゃんがモデルです。

メジャーを襟足から前髪までぐるっと巻きつけます。ポイントは実際にカチューシャをつける部分に巻くことです。はちまきみたいに水平に測っても意味がないのでご注意を。

ちいぽぽちゃんの場合、25cmでした。

布のよこの長さを決める

さて、何センチにしよう・・・。

頭の長さ=25cm

うさみみ部分=2cm + 2cm

合計すると29cm、約30cmは最低でも必要。

さらに、ぬいしろが必要なので、ぬいしろを両端1cmずつと考えてプラス2cm

布の長さは32cmに決めました(頭の30cm + ぬいしろ2cm)

================

補足です。32cmで作ると実際はギリギリの長さでした。試行錯誤の結果ちいぽぽちゃんに合わせる場合、最低でも36cm、ベストは40cmではないかと思います。ぬいしろ含む。

布のたての長さを決める

たての長さ=カチューシャの幅のことです。

幅が広い→しっかり柄を見せられる・ゆったりした印象。

幅が細い→単色でもきれいに見える。

って感じですかね。お好みでどうぞ。

お人形によってもベストな幅は変わります。ちいぽぽちゃんの場合、幅1.7cmがいい感じでした。これ以上小さいサイズは私の技術的に作れません。布をぬったあとひっくり返すのが大変になってしまうためです。

幅を決めたら、ぬいしろを端っこ5mmずつ取って裁断します。

裁断

たて4.4cm よこ40cmに裁断します。

真ん中に折り目をつけましょう。

針金は少し長めに切ります。

先丸ペンチで先をまるめておくと、子どもが遊ぶ時も安心です。

針金はいったん置いておいて、布を中表にして縫っていきます。

はじから縫い始める

真ん中にきたらいったんストップ!!

針金を入れるための穴を確保しておきます。手で示した部分(5cmくらい)は縫っちゃダメ。

こんな感じでOK

布をひっくり返す

ここからちょっと根気のいる作業。指が疲れます。

先がゴワつかないように、切り落とす。

追記:布をひっくり返しづらいので、先だけじゃなく、ぬいしろ全体を切っておくことをおすすめします。

穴からどんどん布を表に返していきます。これが地味に難しい。指が~!指が~!

鉛筆を使うとラクです。ぐりぐり~と容赦なく押す。

針金を入れる

V字に曲げて、両方同時に入れていくとラクです。

穴を閉じて完成!

穴を閉じました。

装着。スチャ。

うさみみ部分アップ。

ココナ(1才5ヶ月)も私の真似をして楽しんでいました。まだ一人で付けるのはむずかしいね~。

いろんなアレンジ

いろんな布で試してみました。

先がするどいバージョンのうさみみ

幅を太くしてみたうさみみ

うさみみカチューシャ大集合。

レトロな和柄もかわいい!ハイカラさん風ちいぽぽちゃん。

首に巻くと、ネクタイ・リボン・マフラーなどの小物としても使えます。

遊び疲れて寝ちゃいました。

ぽぽちゃんと同じポーズ(笑)

簡単なのでぜひチャレンジしてみてね。

ではまた!