「写ルンです」を持って1才娘とプールへ。あふれ出る昭和感をどうぞ

こんにちは!シューナです。3月、まだまだ寒い日が続いていますが、今年もシャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ(通称:ガトキン)に行ってきました。

去年遊んだときの記事はこちら→ 0才でプールデビュー

去年のココナの様子

0才9ヶ月当時。

おそるおそる、といった感じでした。水遊びというよりボール遊びにきた感じ。さて、今回はどうなることでしょう。

今年はここが違う

・夫とではなく、ママ友

・車ではなく無料シャトルバスで

・水着はセパレートタイプ

・水着サイズは70→95にアップ(成長したなあ…)

水が大嫌いになっている(不安だ…)

そしてそして、

・デジカメではなく「写ルンです」で撮影します!!

写ルンですとは?

写ルンですはズバリ「昔のカメラ」1991年生まれの私はギリギリ知っている世代で、修学旅行のとき持っていったりしました。使い捨てのフィルムカメラで、AKB48の子が使ったことをきっかけに今爆発的に人気が再燃しているアイテムです。

先日、突然デジカメにホコリが写るようになってしまいました。調べると内部に原因があって買い替えるしかないとのこと。

デジカメはこんな調子だしどうしようと思っていたとき「あ、じゃあ写ルンです持っていこ!」とひらめき、無性にワクワクしてきました。

西友のパレットプラザという写真屋さんでブツをゲット。お値段977円。ブレにくい27枚撮りの高機能タイプを選びました。子どもは動くからブレない機能は助かる。久々に写ルンですを手にしたら、ときめきがとまらないっ。早く撮りたぁぁぁい。

昭和の世界観を味わってね

というわけで、レトロな世界感をお楽しみください。時系列にそって載せていきます。

出発前。ココナ(1才7ヶ月)が溺愛するぽぽちゃん。

ココナとおそろいの水着を作って着せたら可愛いのでは!?と思い立ち、ミシンでガタゴト作っているところです。電車乗り遅れそうになったよ。

JR駅近く。雪がすごい。

まずは札幌駅に向かいます。

ガトキンに着きました

札幌駅から無料シャトルバスに乗り、揺られること40分。いよいよガトキンに到着しました。大人1600円の料金を払い、いざプールへ。

ソフトクリームの前でパチリ。

水着に着替える。

ココナのへそ出し可愛えぇぇ。ぽぽちゃんとリンクコーデ写真も撮れて満足♪

昨年は無かったインスタ映えスポットが用意されていました。

キッズプールで大泣き

キッズプールにて。

フラッシュで真っ白になっちゃった。「室内はフラッシュ必須」「距離は80cm以上被写体から離れること」と写ルンですの注意書きにあるんだけど、距離が近すぎたか? トホホ。

ココナは水イヤすぎてシャワーの時点で大泣き。キッズプールでもべそかいてて、この状況じゃ80cmも離れられないなぁ。

ママ友OさんとIちゃん。Iちゃんは水好きなようで早くも楽しんでいます。

Iちゃんの様子を見ていてココナに変化が・・・!ちょっとずつ水に慣れていく。がんばれ、ココナ。

撮ってもらいました。私の水着の柄とポージングがナチュラルに昭和。なんなら顔も昭和。

ようやく遊び始めるココナ。

1時間以上たって、やっと警戒心がとけたのか遊び始めました。よかったよかった。これもお友達パワーだね。

プールにバイバイ。

2人とも疲れた様子なので、簡単に着替えをして温泉に移動しました。

帰路

自撮り。

温泉からあがり、お腹もすいてきたのでパンを買いました。イートインコーナーに鏡があったので自撮りするも失敗。こんな風になるなんて・・・!!神々しすぎ。ぽぽちゃんだけがいい感じ。

写ルンですゆえか、「鏡×フラッシュ」の組み合わせがまずかったのか。

ゲームコーナー。

ロビーに移動してバスを待ちます。

立派なシャンデリア。

光ってるからフラッシュたかなくてもいけるかと思ったけど、やっぱフラッシュいるね。2枚目くすんじゃった。

札幌駅に到着。

電車に乗る前にちょっと休憩。ふう。ジュース、ジュース。

あまったフィルムで

くまさんズ。

早く現像しに行きたいので、フィルム消化のために撮りました。こうしてぬいぐるみと並べて撮ってみたかったんだよね。

なんじゃこりゃ。

ラスト1枚どうしよう…と悩んでいる間に、ココナに撮られてました。うぉいっ!

現像料金は?

パレットプラザにて、現像を頼みました。30分で仕上がったよ。早い。昔って3日くらいかかってた気がするけど、こんなにスピードアップしてるとは。

今回は、プリントと「スマホデータ転送」をしてみることにしました。スマホデータ転送は、QRコードとパスワードを受け取り、写真を1枚ずつダウンロードしていきます。

レシート

フィルム現像・・・702円

スマホデータ転送・・・540円

プリント 23枚×42円・・・966円

合計  2,208円

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

写ルンですが977円だったので、すべて合わせると3,185円。高っ。。。3,000円したら2010年製の中古デジカメ1個買えるじゃん。

とはいってもね、プリントされた写真を眺めているとすご~~い満足感がある。1枚1枚見ながらにんまりしちゃう。

というわけで結果的には大満足です。

27枚撮りなのにプリントされたのは23枚。えっ!?なんで減ってんの。インデックスを確認すると写りが悪い4枚が排除されていました。お金もその分は請求されないよ。あー、この勝手に間引かれるサービスなつかしいわ。あったあった。失敗作も気になってネガをすかしたりしたした。今はご丁寧にインデックス付いてくるから、排除された写真もすぐ分かる。

スマホデータ転送は、失敗作も含めて27枚全部ダウンロード可能。

もし、失敗作もプリントして欲しいという奇特な人がいたら、受付のとき伝えるといいよ。

写ルンですで失敗しないコツ

プールって水気あるし、湿度高いからどうかな~?と思ってたけど、思いのほかうまく撮れていて感動しました。失敗しないコツをまとめておきます。

(1)80cm以上被写体から離れる

(2)室内・夜は必ずフラッシュたく

(3)撮影直前に前回分を巻くと、子どもが誤動作でシャッター押すのを防止できる

(4)薬指と小指はしっかり曲げておく(※指うつり防止)

▽指が写っちゃった例

窓からのぞいたときは指うつってなかったんだよ。現像してビックリ。こんな初歩的なミスするなんて笑っちゃうよね。窓とレンズに若干の距離があるので、レンズに指がかかってたのに気づけなかった。

(5)ブレが心配ならブレない高機能タイプを買う

(6)濃い色の被写体の方が映える(※パステルカラーはフラッシュの影響ですべて白くなってしまうため)

写ルンですのここが好き

普段スマホ・デジカメでばしゃばしゃ撮りまくってる世代からすると、値段がお高めに感じる写ルンです。でも「また撮りたい」と思える魅力がしっかりありました。

(1)水面がきれいに撮れる

▽デジカメで撮った水面

▽写ルンですで撮った水面

波紋がくっきり写っていてキレイ。瑞々しいというか、ぱしゃっぱしゃって音が聞こえてきそうな感じがする。

(2)美肌に撮れる

フラッシュが強いので、目などのパーツ・髪のツヤを強調してくれます。ほくろ・クマなど肌のアラは消してくれる。プリクラと同じ原理だね。盛れるぅ。

あれ?ってことは他のカメラでもフラッシュたけば盛れるってこと?

今気づいた。あは。

(3)涙がでるほどなつかしい気持ちになれる

20年前の思い出を振り返っている気持ちになれます。実際は3日前の出来事なのに。

こんなに小さかったココナ・・・うるっ。

なつかしの古アパート。

って、今も小さいから!現在もここに住んでますから!

危ない危ない。20年前の出来事だと錯覚してしまいました。手っとり早く感傷に浸れるのが写ルンですの魅力です。

アルバムで保存すべし

プリントした写真はせっかくなんでアルバムにまとめましょう。まとめるって言っても順番に貼っていくだけ。かんたんです。私は縦・横が混在するのが許せないのでポケットアルバムはだめ。縦・横向きを自在に変えられるフリーアルバムを絶対的に推奨します。

透明なフィルムをはがして、のりの付いた台紙に貼っていくやーつ。

縦横どちらにも貼れるから、見やすいことこの上なし。

12枚、両面貼れるので24枚ぴったり納まりました。

アルバムで保存するメリットは「指紋がつかない」こと。写ルンですは明暗がくっきりした写真になりやすいので、暗い部分に指紋がつくと目立ちます。指紋がつかないうちに即座にアルバムにまとめると楽だよ。現像頼んだところでアルバムも買って帰ろう。

ちょうどセール中で半額でゲットしたスヌーピーのアルバム。ラッキー。

まとめ:なつかしくて最高

お出かけの特別感が増し増しになる

27枚という限られた枚数にドキドキ

1枚1枚ていねいに撮るという体験

どんな風に撮れたか分からないスリル

現像までのワクワク

そして最高の仕上がり

あ~~~~このつるつるした写真なつかしい~~~~うあーーーー!!!!

平成生まれでも十分になつかしさに悶えることでしょう。保証します。

フィルムの巻き忘れ、フラッシュのたき忘れ、落下してヒヤヒヤ、誤シャッター・・・あるあるをたくさん体験できます。あるある。あったあった。あったよこんなこと。

電気屋さんで簡単に手に入るので、気になった方はぜひ挑戦してみてね。やっと冬が終わって外にも行けるし、まさにこれからの季節が写ルンですの旬ですよ、奥さん。外ならフラッシュなしで撮影できる。いぇい!

おまけ:iPhoneと比べてみよう

ママ友Oさんが撮ってくれた写真は実物の色味に近い感じ。さすがiPhone

▽写ルンですの色味

全体的に暗めになります。

iPhoneで撮ってもらった写真をスマホアプリで加工してみました。明るめのフィルタかけた。

カラフルで可愛い雰囲気に。写ルンですとの違いがわかりやすい。

ココナも2才過ぎたら自分でカメラ持てるかなー。子どもにもたせたら楽しそう。視点がぜんぜん違うもんね。今年の夏にでもやってみたいです。

ではまた!