良い暮らしをするためのお金稼ぎ、節約、育児、料理、マインドについて役に立つ情報を発信するサイト『gwoodライフ』

gwoodライフ

サイト内検索

スポンサーリンク

役立ち情報

バッファローのWiFiルーター設定ができない?主な原因3つ

投稿日:

 

 

と言った感じに、おすすめのバッファローのWi-Fiルーターも買って、ひかり回線の工事も終了したのに、Wi-Fiがつながらなくて・・・

『わたし、イライラする!!(^o^)』

状態になっている人向けに、今回は『ひかり回線のWiFiルーター設定ができない?主な原因3つ』をお伝えします。

 

スポンサードサーチ

バッファロールーターのWi-Fi設定ができない主な原因3つ

  

バッファロールーターのWi-Fi設定ができない主な原因は下の3つです。

 

1、モデムとルーターと回線が物理的につながっていない

2、スマホやPCとルーターの設定をしていない

3、ルーターとプロバイダの設定をしていない

 

ひかり回線とWi-Fiの基本的な考え方として、押さえておいて欲しいのが…。

『回線』『モデム』『ルーター』『プロバイダ』『スマホやPC』がすべてつながっていないと使えない

ということです。

良く分からないですよねwww

要するに、『Wi-Fiに関係するすべての箇所がつながっていないとできない』ということです。

私も最近ルーターを買って自分で接続しようと試みたのですが、説明書やHPを見ても、訳分からなくなってしまい、かなり苦戦しました。

ちなみに、私の場合の原因は、3の『ルーターとプロバイダの設定をしていない』のが原因でした。

では、具体的に1番から順番に見ていきましょう。

 

Wi-Fi設定できない原因その1
モデムとルーターと回線が物理的につながっていない

 

物理的な原因ですが、機械同士がちゃんとつながっていないパターンです。

ちなみに下記の準備はもうできていますか?↓

 

  1. 固定回線の契約をしている、工事が済んでいる
  2. Wi-Fi対応しているルーターがある
  3. 回線の契約をした業者から『モデム』をもらっている

 

そして、『モデム』『ルーター』『回線プラグ』『電源』をつなぎましょう。

画像で示すと、こんな感じです。

 

  

こんな感じに『回線プラグ』『モデム』『ルーター』『電源』を指定の場所につなげてください。

ケーブルは指定の場所につなげないと、インターネット回線をつなげませんのでご注意ください。

また、ルーターは機種によって『スタートボタン』を押したり、『設定ボタンでモードを変更したりする』ものがありますので、それは指定の説明書をご覧ください。

さらに、ケーブルの端子が接触不良でうまくつながらない場合もありますので、それも原因の場合があります。

これらすべてをやっているのに、Wi-Fiがつながらないのは他の理由があります。 

  

Wi-Fi設定できない原因その2
スマホやPCとルーターの設定をしていない

 

ルーターもモデムも回線も接続して、電源も入れたのにWi-Fi使えないよ。

という方は、使いたい機器(スマホ、PC)の設定をしていません。

スマホの場合は、『Wi-Fi』設定を『ON』にしてください。

 

   

 

そして、ルーター本体に書いてある、あるいはルーターの説明書やカードなどに書いてある『SSID』と『暗号パスワード』を見ます。

Wi-FiをONにすると、自動的に『SSID』は検知しますので、後はルーターに書いてある『SSID』をタッチしてください。

そうすると、この画面が出てきます。

ルーターに書かれているパスワードを間違いなく入力すれば、スマホとルーターの『認証』が完了したことになります。

ただし、この状態では『インターネット』に接続していません!

それを証拠に、『Wi-Fi』マークには『!』マークがついています。

これを解決するには、次の方法が必要です。

 

Wi-Fi設定できない原因その3
ルーターとプロバイダの設定をしていない

  

実は、ここが結構つまづくポイントかもしれません。

このルーターとプロバイダの設定というのは、要するに『このプロバイダをこのルーターを使ってWi-Fiを使いますよ』という登録作業のようなものです。

認証しなくても、Wi-Fiに接続できる場合もあるのですが、出来ない場合はプロバイダとの『登録作業』が必要になります。

これが結構プロバイダ(契約会社)によって、認証方法が異なるので分かりづらいのです。

ただし、基本的な考え方としては、『登録設定画面』でルーターの登録とプロバイダの登録を済ませればWi-Fiを使用できます。

今回は『バッファローのルーター設定』の場合の手順をご説明します。

  

1、Wi-Fiモードにしている状態で、『http://86886.jp/set/』へ接続
※手入力でアドレスを入力します。 

2、『接続成功です!』の画面か、『Internet回線判別中』↓の画面になる

※『接続成功です!』の場合は、これで完了です。

3、『Internet側の確認を行う』を押し、ルーターに書かれている『SSID』『暗号パスワード』とは別のユーザー名、パスワードを入力し、ログインします。

4、ログイン後、プロバイダ(楽天、so-netなどのブロードバンド会社)からもらった契約書類に書いてある『接続先ユーザー名』『接続先パスワード』を入力します。

5、入力するとプロバイダとルーターを接続できたことになるので、これでWi-Fiがつながったことになります。

 

これで、『ルーター』『スマホ、PC』『モデム』『回線プラグ』『プロバイダ』すべてがつながったことになります。

 

まとめ

  

ひかり回線のWiFiルーター設定ができない主な原因は3つでした。

  

1、モデムとルーターと回線が物理的につながっていない

2、スマホやPCとルーターの設定をしていない

3、ルーターとプロバイダの設定をしていない

  

どれか一つでもダメだと、次のステップにいけないのでイライラするかもしれません。

でも、順番にやっていけばかならずWi-Fiが利用できます。

少しでもこの記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-役立ち情報
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© gwoodライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.