【保存版】『冷凍野菜』を使う5つのメリット|冷食業界9年のプロが解説

冷凍野菜の特徴・種類
スポンサーリンク
モロコシ子
モロコシ子

『冷凍野菜』って便利って聞くけど、使った事無いから良く分かんない。

何かメリットってある??
どういう場合に使えば良いの??

と、言ったように今回は『冷凍野菜』に全く馴染みの無い人向けに、『冷凍野菜』のメリットを5つご紹介します。

また、『冷凍野菜』をどういう場合に使えば良いのかも併せて解説します。

スポンサードサーチ

記事の監修者
冷凍野菜研究家

外食専門商社歴9年の営業。冷凍野菜を食べた数は150種類以上。冷凍野菜メーカーと定期的にコンタクトを取り、最新の冷凍野菜事情や活用方法をチェックするようにしている。また、家庭で冷凍野菜を作る時、『どうすれば美味しく作れるか』日々研究。ログハウスに住んでおり、2児の父親。趣味は、ブログ、珈琲の焙煎、料理、エレキギター。元小学校教員でリクルート出身者。

らいすたをフォローする

『冷凍野菜』を使うと、こんな5つのメリットがある!!

順番に解説していきます。

①、カット済みでそのまま使える

市販・業務用問わず『冷凍野菜』はカット済みで冷凍されています。

そのため、包丁を使わずにそのまま『茹でたり』『炒めたり』できます。

野菜の皮を剥いたり、切ったりするのって、時間かかるしメンドクサイ時ありますよね。

でも、『冷凍野菜』なら袋を開けてそのまま使えるので、煩わしさ0です。

料理初心者、包丁を使わせたくない子どもにもオススメ。

らいすた
らいすた

冷凍野菜は切る必要が無いから、怪我の心配もない!!

②、冷凍ならば長期保存できる

生野菜の大半はとにかく『傷みやすい』ですよね。

しかし、『冷凍野菜』は冷凍状態ならば2~3カ月以上も保存できます。

ちなみに、腐ってしまった野菜を捨てた経験はございませんか??

でも、100g/100円で買った野菜を半分捨てたら、実質200円で買ったのと同じ。

逆に『冷凍野菜』だと廃棄することが少ないので、実質節約になることもあります。

らいすた
らいすた

野菜を捨てるのは、お金を捨てることと同じ。

③、生ゴミが出ない

『冷凍野菜』は下処理・カット済みで、長期保存もできるので、生ゴミが出ません。

逆に、生野菜は食べられない部分(皮や根っこ等)は除去するので、自然と生ゴミが出ます。

また、仮に生野菜が余ってずっと使わないと、結局ゴミになって捨てることになります。

しかも、その野菜を適切に処理しないと、夏場は小バエが出てきたり、嫌な臭いが充満したりします。

でも『冷凍野菜』ならば冷凍状態ならば、臭いも虫も発生しません。

らいすた
らいすた

『冷凍野菜』は衛生的でフードロスを防止できる!!

④、調理時間が短くなる

『冷凍野菜』は加熱処理(ブランチング)しており、すでに70%は熱が通っています。

そのため、『煮物』や『炒め物』をする時、生野菜から調理するよりも加熱する時間が短くなります。

また、先述したとおり『カット済み』なので、下処理の時間も要りません。

『冷凍野菜』を使えば、通常なら30分かかる『ミネストローネ』も、10分程度で出来るようになります。

時間は24時間平等、その節約できた20分の間に何か別のことを楽しむのも一興では??

らいすた
らいすた

『冷凍野菜』は時間のかかる煮物やスープとの相性が良い!!

⑤、価格が安定している

生野菜は、相場価格が毎日変動しています。

旬の時期ではない、干ばつや台風などの天候不順で、相場が急上昇する場合が普通にあります。

しかし、『冷凍野菜』は年中価格が安定しています。

その理由は、大手商社やメーカーが原料を大量に一括購入しているので、急な相場変動の影響を受けないからです。

そして、卸業者も価格が上がらないので、スーパーや通販業者に価格を上げる必要もありません。

『冷凍野菜』は生野菜が高騰した時の強い味方です。

らいすた
らいすた

冬のブロッコリーは高いので、その時は冷凍野菜がおすすめ。

良いこと尽くめの『冷凍野菜』、しかしデメリットも。

と、このように『冷凍野菜』には5つのメリットと、3つのデメリットがあります。

しかし、『冷凍野菜』にも『生野菜』にも良い面、悪い面はあります。

そのため、時と場合に応じて『冷凍野菜』と『生野菜』を使い分けしていくのがおすすめです。

らいすた
らいすた

味を重視するか、時間を重視するかというわけですね。

スポンサードサーチ

『冷凍野菜』の『使い時』『活用方法』はコレ

イラストAC

包丁もいらない、生ゴミは出ない、使う分だけ使える、とにかく便利な『冷凍野菜』

しかし、味や風味、食感は『生野菜』には負けてしまう。

じゃあ、どんな時に使うのがおすすめなのか。

それはズバリ、こんな時です。

①、時間が無さすぎて、野菜を一からカット出来ない時。
⇒味よりも『時間』を重視したい人(時は金なりという価値観の人)

②、炊き出しレベルの大量調理をしないといけない時。
⇒野菜を下処理してたら、日が暮れてしまう人(大家族、大食いの家庭など)

③、包丁を使わずに、料理したい時。
⇒あまり頻繁に自炊をしない人(面倒臭がりの人)

④、1人分の料理を作る時。
⇒野菜を丸々買うと余ってしまう人(一人暮らしの人)

平たく言うと、『時間が欲しい人』『食材のロスが出る人』『ズボラな人』におすすめです(笑)

もちろん、『味』『食感』をそこまで重視してないのが前提です。

らいすた
らいすた

うん、まあ、ふつーに食べられるから良いか』くらいの感じです。

まとめ

今回は、『冷凍野菜』のメリット・デメリットについて解説した上で、いつ『冷凍野菜』を活用すれば良いのか解説しました。

巷では『冷凍野菜』=不味い、美味しくないというご意見もあります。

それは、もう正直、うん。

・・・しょうがないです。

でも、『冷凍野菜』には時短調理が出来たり、生ゴミが出なかったりと、たくさんのメリットも存在します。

結局は『時と場合』に応じて、使い分けすることが上手な活用方法です。

ブロコリ
ブロコリ

『今日は冷凍野菜で乗り切ろう』

モロコシ子
モロコシ子

『今日はフレッシュな野菜を使って美味しく仕上げよう』

など、今回の記事を『冷凍野菜』を使うか、使わないかの判断基準の材料にしてもらえれば嬉しい限りです。

それでは、また 別の記事でお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました