【保存版】『冷凍野菜』を使う5つのメリット|冷食業界9年のプロが解説

冷凍野菜の特徴・種類
スポンサーリンク
モロコシ子
モロコシ子

『冷凍野菜』って便利って聞くけど、使った事無いから良く分かんない。

何かメリットってある??
どういう場合に使えば良いの??

と、言ったように今回は『冷凍野菜』に全く馴染みの無い人向けに、『冷凍野菜』のメリットを5つご紹介します。

また、『冷凍野菜』をどういう場合に使えば良いのかも併せて解説します。

スポンサードサーチ

記事の監修者
冷凍野菜研究家

外食専門の食品卸9年目の営業。これまで試食、取り扱った冷凍野菜の数は150種類以上で、冷凍野菜の開発にも従事。日々のご飯作りに役立つような『冷凍野菜』の調理法、特徴、商品概要、簡単レシピなどを紹介しています。夢は自宅で栽培している野菜を『冷凍』して、『冷凍野菜』として『商品化』すること。最近嬉しかったことは、これを読んだ方が『意外と冷凍野菜ってちゃんと料理すれば美味しい』『便利で使いやすい!!』とお声掛けいただいたこと。

らいすたをフォローする

『冷凍野菜』を使うと、5つのメリットがある!!

順番に解説していきます。

①カット済みでそのまま使える

市販・業務用問わず『冷凍野菜』はカット済みで冷凍されています。

そのため、包丁を使わずにそのまま『茹でたり』『炒めたり』できます。

野菜の皮を剥いたり、切ったりするのって、時間かかるしメンドクサイ時ありますよね。

でも、『冷凍野菜』なら袋を開けてそのまま使えるので、煩わしさ0です。

料理初心者、包丁を使わせたくない子どもにもオススメ。

らいすた
らいすた

冷凍野菜は切る必要が無いから、怪我の心配もない!!

②冷凍ならば長期保存できる

生野菜の大半はとにかく『傷みやすい』ですよね。

しかし、『冷凍野菜』は冷凍状態ならば2~3カ月以上も保存できます。

ちなみに、腐ってしまった野菜を捨てた経験はございませんか??

でも、100g/100円で買った野菜を半分捨てたら、実質200円で買ったのと同じ。

逆に『冷凍野菜』だと廃棄することが少ないので、実質節約になることもあります。

らいすた
らいすた

野菜を捨てるのは、お金を捨てることと同じ。

③生ゴミが出ない

『冷凍野菜』は下処理・カット済みで、長期保存もできるので、生ゴミが出ません。

逆に、生野菜は食べられない部分(皮や根っこ等)は除去するので、自然と生ゴミが出ます。

また、仮に生野菜が余ってずっと使わないと、結局ゴミになって捨てることになります。

しかも、その野菜を適切に処理しないと、夏場は小バエが出てきたり、嫌な臭いが充満したりします。

でも『冷凍野菜』ならば冷凍状態ならば、臭いも虫も発生しません。

らいすた
らいすた

『冷凍野菜』は衛生的でフードロスを防止できる!!

④調理時間が短くなる

『冷凍野菜』は加熱処理(ブランチング)しており、すでに70%は熱が通っています。

そのため、『煮物』や『炒め物』をする時、生野菜から調理するよりも加熱する時間が短くなります。

また、先述したとおり『カット済み』なので、下処理の時間も要りません。

『冷凍野菜』を使えば、通常なら30分かかる『ミネストローネ』も、10分程度で出来るようになります。

時間は24時間平等、その節約できた20分の間に何か別のことを楽しむのも一興では??

らいすた
らいすた

『冷凍野菜』は時間のかかる煮物やスープとの相性が良い!!

⑤価格が安定している

生野菜は、相場価格が毎日変動しています。

旬の時期ではない、干ばつや台風などの天候不順で、相場が急上昇する場合が普通にあります。

しかし、『冷凍野菜』は年中価格が安定しています。

その理由は、大手商社やメーカーが原料を大量に一括購入しているので、急な相場変動の影響を受けないからです。

そして、卸業者も価格が上がらないので、スーパーや通販業者に価格を上げる必要もありません。

『冷凍野菜』は生野菜が高騰した時の強い味方です。

らいすた
らいすた

冬のブロッコリーは高いので、その時は冷凍野菜がおすすめ。

とはいえ『冷凍野菜』にはデメリットも。

①味・風味・食感が良くない

元も子もない話ですが、冷凍野菜は生野菜に比べると、正直美味しくはないです。

なので、基本的な考え方としては、『冷凍野菜』と『生野菜』は別物と考えていただく方が良いです。

美味しさだけを追求するのならば、私は間違いなく『生野菜』をオススメします。

『冷凍野菜』が不味い、美味しくないと思った方はこちらの記事をご覧ください。

【げっ!!美味しくない!?】『冷凍野菜』が不味いと感じる3つの原因|冷凍食品のプロが原因と対策を解説。

らいすた
らいすた

冷凍野菜はそもそも味・風味・食感で生野菜には敵いません。

②保存出来る冷凍スペース必須

『冷凍』しないといけないので、当然すぎるのですが、冷凍庫がないと保存できません。

一般的な家庭用の冷凍庫だと、せいぜい30L~50L程度。

冷凍ストッカーでも購入しない限り、多くの『冷凍野菜』を保存するのは難しいです。

ちなみに、私の家ではこんな冷凍ストッカーを使っています。

冷凍ストッカーで冷凍野菜を保存

比較的安価で、100Lの大容量、そして上開きなので冷気が逃げにくいという特徴があります。

コレがあると、ついつい『冷凍野菜』や他の『冷凍食品』を買いすぎても、よほどのことが無い限り収納できます。

らいすた
らいすた

大きい冷凍庫があると、マジで便利です。

③買い物時に溶けると品質劣化

『冷凍野菜』は『冷凍状態』であるからこそ、『栄養成分』も『品質』も安定しています。

しかし、解けてから『再冷凍』すると著しく品質が劣化します。

具体的には『食感がボソボソ』『バラ凍結だったのが固まる』『変色する』などの問題が生じます。

『冷凍野菜』を溶かさないようにする対策方法もあります。

  • レジに並ぶ直前で冷凍野菜をカゴに入れる
  • クーラーボックス、発泡スチロールに入れる
  • 買って20分以内に冷凍庫に入れる
  • 通販で購入する
  • ドライアイスを入れる
らいすた
らいすた

買ってすぐに冷凍庫に入れることをオススメします!!

スポンサードサーチ

『冷凍野菜』の活用方法・どんな場合に使うか。

イラストAC

と、このように『冷凍野菜』には5つのメリットがあれば、3つのデメリットもあります。

しかし、『生野菜』にも良い面、悪い面はあります。

そのため、時と場合に応じて『冷凍野菜』と『生野菜』を使い分けしていくのがおすすめです。

『冷凍野菜』を使った方が良い時は例えばこんなケースです。

  • 時間が無さすぎて、野菜をイチからカット出来ない人(味より時間が大事)
  • 炊き出しレベルの大量調理をしないといけない人(大家族・大食い)
  • 包丁を使わずに、料理したい人(料理が苦手、料理が面倒)
  • 1人分の料理しか作らない人(生野菜を買うと消費できない)
らいすた
らいすた

味を取るなら『生野菜』、時間や食材ロスを考えるなら『冷凍野菜』

まとめ

今回は、『冷凍野菜』のメリット・デメリットについて解説した上で、いつ『冷凍野菜』を活用すれば良いのか解説しました。

『冷凍野菜』にはこんなメリットがありました。

  1. カット済みでそのまま使える
  2. 冷凍ならば長期保存出来る
  3. 生ゴミが出ない
  4. 調理時間が短くなる
  5. 価格が安定している

しかし、『冷凍野菜』にもデメリットもあります。

  1. 味・風味・食感が良くない
  2. 保存出来る冷凍スペースが必須
  3. 買い物時に溶けると品質劣化

『冷凍野菜』さえ使っていれば、料理は最高!!なんてのは極論です。

美味しさを追求したいなら『生野菜』、時間や合理性を追求したいのなら『冷凍野菜』

『時と場合』に応じて、使い分けすることが上手な活用方法です。

ブロコリ
ブロコリ

『今日は冷凍野菜で乗り切ろう』

モロコシ子
モロコシ子

『今日はフレッシュな野菜を使って美味しく仕上げよう』

など、今回の記事を『冷凍野菜』を使うか、使わないかの判断基準の材料にしてもらえれば嬉しい限りです。

それでは、ここまで見てくださいまして本当にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました