【げっ!!美味しくない!?】『冷凍野菜』が不味いと感じる3つの原因|冷凍食品のプロが原因と対策を解説。

冷凍野菜不味い 冷凍野菜の特徴・種類
スポンサーリンク
ブロコリ
ブロコリ

初めて『冷凍野菜』を買ってみたものの・・・。

なんかベチョベチョしてるし、野菜の風味も無くてまずい。

保存の仕方とか、解凍の仕方とか悪かったかな?

『冷凍野菜』ってこんなもんなの??

と言ったように、今回は『冷凍野菜』がまずい、美味しくないと感じる3つの原因について解説していきます。

冷凍食品業界に8年もいると、自然と『冷凍野菜』も100種類以上食べたり、調理したりしてますので、その経験も踏まえてお話します。

スポンサードサーチ

記事の監修者
冷凍野菜研究家

外食専門の食品卸9年目の営業。これまで試食、取り扱った冷凍野菜の数は150種類以上で、冷凍野菜の開発にも従事。日々のご飯作りに役立つような『冷凍野菜』の調理法、特徴、商品概要、簡単レシピなどを紹介しています。夢は自宅で栽培している野菜を『冷凍』して、『冷凍野菜』として『商品化』すること。最近嬉しかったことは、これを読んだ方が『意外と冷凍野菜ってちゃんと料理すれば美味しい』『便利で使いやすい!!』とお声掛けいただいたこと。

らいすたをフォローする

『冷凍野菜』が不味い、美味しくないと感じる原因は3つ。

 
  1. そもそも生野菜より、味や食感が劣っている。
  2. 解凍の仕方が間違っている。
  3. 保存の仕方が間違っている。

では、1つずつ解説します。

①そもそも生野菜より、味や食感が劣っている。

まあ、元も子もないですよね(笑)

でも、事実で。

そもそも『冷凍野菜』に『生野菜』と同じレベルを求めるのは無茶です。

アマチュアのバスケ選手に、プロサッカーチームで活躍しろというくらい無茶かもしれません。

『冷凍野菜』が『生野菜』に勝てないのは、味と食感です。

『冷凍野菜』は『冷凍』させるので、凍結時に細胞が壊れてしまいます。

つまり、この段階で食感が変わります。

また、解凍した時に壊れた細胞から水や旨みが抜けて、香りや風味が落ちます。

そのため『冷凍野菜が美味しくない』=『仕方がないこと』なんです。

もしアナタが『美味しい野菜を食べたい!!』と思うなら、確実に『生の野菜』を食べてください。

ただ、『生の野菜だと結局余って腐らせてしまう』『料理しするのが面倒』という方には『オイシックスのミールキット』もオススメです。

オイシックスのミールキットの料理写真↓

(かぼちゃ、にんじんはカット済み)

ミールキットは、電子レンジで出来たり、包丁を使わないで出来たりするのでとても楽です。

また、野菜自体も鮮度も良く美味しい物が多いです。

『オイシックスの野菜』に関して詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓

【お試し体験談】オイシックスの野菜は本当に美味しい?|外食専門卸9年のプロが語る。

美味しい野菜が食べたいのなら『生野菜』を食べましょう。

らいすた
らいすた

前提として『冷凍野菜』は生野菜に勝てません。

②解凍の仕方が間違っている。

『冷凍野菜』がまずい、美味しくないと感じる理由として、『解凍方法』が間違っている可能性があります。

基本的に『解凍方法』は下記の3つです。

  1. 『常温・冷蔵・流水解凍(いわゆる自然解凍)』
  2. 『レンジ解凍後、炒めるor焼く』
  3. 『冷凍のまま煮る、揚げる』

『冷凍野菜』ごとに美味しく食べられる解凍方法は違います。

例えば、一般的な『冷凍野菜』であるオクラ、ほうれん草、ブロッコリー、枝豆などは『自然解凍』できるものが多いです。

一方、人参、大根、里芋などの根菜類は、必ず『沸騰』させてから茹でます。

そうしないと、水分が抜けて『ボソボソ』『フニャフニャ』の不味い野菜になります。

『冷凍野菜』を美味しく調理する上で最も重要な事は、『いかに野菜から水分や旨みを逃がさないか』です。

『冷凍野菜』を調理する時は、野菜によって『解凍方法』を変えましょう

『解凍方法』について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください↓

【冷凍野菜が不味い!?】美味しく食べるための3つの解凍方法を伝授|冷食業界8年の営業が語る。

らいすた
らいすた

おすすめの『解凍方法』は商品パッケージの裏に書いてあります。

③保存の仕方が間違っている。

保存の仕方を間違えると、『冷凍野菜』は不味くなります。

不味くなる主な原因は、いわゆる『冷凍焼け』と呼ばれるものです。

『冷凍焼け』というのは、冷凍状態で食品が乾燥・酸化することです。

食品が冷凍状態で乾燥すると水分が飛び、白く変色したり、パサパサしたり、冷凍庫の臭いが移ったりします。

割と冷凍庫に眠ってた豚肉を食べたら、なんか『冷凍庫の臭いがする!?』ってなった経験ありませんか?

あれが『冷凍焼け』です。

特に家庭用の冷凍庫は開け閉めも多く、温度が一定に保つことが難しいので、『冷凍焼け』が起きやすくなります。

『冷凍焼け』の防止のためには、下記のことを実践しましょう。

冷凍焼けの防止
冷凍焼け防止策について

基本的には、『空気に触れない』ことが一番の防止策だと思っています。

ラップで包んだ後ジップロックで保存、あるいは開封した『冷凍野菜』を袋のままジップロックで保存するのがおすすめです。

適切に保存し、品質を保つことが、美味しく『冷凍野菜』を食べるコツです。

らいすた
らいすた

家庭用冷凍庫で保存なら、早めに食べきることをオススメします。

まとめ

今回は、『冷凍野菜』がまずい、美味しくないと感じる3つの原因を解説しました。

その3つの原因とは、こちら。

①、そもそも生野菜に比べたら、味や食感は劣る。

②、解凍の仕方が間違っている。

③、保存の仕方が間違っている。

①に関して言えば、元も子もないですが、実際問題『生野菜』の方が美味しいので、それはしょうがないですね(笑)

ただ、そういう認識に立っていれば『冷凍野菜ならばこのくらいのクオリティが妥当』と思えるので、それほど『まずい』『美味しくない』というギャップは減るはずです。

あと、問題は『調理の方法』『保存の方法』ですね。

この2つに注意すれば、ある一定のレベルまでは『美味しく』食べられると考えます。

『冷凍野菜』の適切な解凍方法に関しては、過去記事を参照ください↓

【ボソボソで不味い??】『冷凍野菜』の正しい3つの解凍方法|冷食業界8年のプロが解説

今回の記事で『冷凍野菜』に関しての不満や悩みが解決できたら幸いです。

それでは、ここまで読んでくださいまして本当にありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました