【えっ!冷凍オクラがマズい!?】その4つの理由と対策を冷食営業9年のプロが解説。

冷凍野菜の特徴・種類
スポンサーリンク

ブロコリ
ブロコリ

試しに冷凍のオクラを業務スーパーで買ってみたけど、なんか不味い?

食感も水っぽいし、味もあんまりしない。

え~なんか解凍の仕方間違えた~??

らいすた
らいすた

ブロコリくん、私も冷凍オクラが不味いと感じた時があったよ。
どうして不味いと感じるのか、実際に取引している冷凍野菜のメーカー担当者に聞いた経験を元に記事をまとめたから、読んでみて。

スポンサードサーチ

記事の監修者
冷凍野菜研究家

外食専門の食品卸9年目の営業。これまで試食、取り扱った冷凍野菜の数は150種類以上で、冷凍野菜の開発にも従事。日々のご飯作りに役立つような『冷凍野菜』の調理法、特徴、商品概要、簡単レシピなどを紹介しています。夢は自宅で栽培している野菜を『冷凍』して、『冷凍野菜』として『商品化』すること。最近嬉しかったことは、これを読んだ方が『意外と冷凍野菜ってちゃんと料理すれば美味しい』『便利で使いやすい!!』とお声掛けいただいたこと。

らいすたをフォローする

冷凍オクラが不味いと感じる4つの理由

frozen-okra-not delicious

結論から言うと、冷凍オクラが不味い、美味しくないと感じる理由は次の4つです。

  1. 生オクラと比べ、相対的に不味いと感じる
  2. 自然解凍NGなのに、自然解凍している
  3. 必要以上に茹で過ぎている
  4. 『炒める』『揚げる』前に『水気』を切ってない

では、どういうことか順番に詳しく解説します。

生オクラと比べ、相対的に不味いと感じる

okra-fresh-cut

前提として、生のオクラは食感がシャキシャキで粘りも強く、風味も豊か。

しかし、冷凍するとオクラの細胞が破壊され、食感が悪くなります。また、解凍時には破壊された細胞の隙間から、水分が出てしまい『みずみずしさ』が少し失われてしまいます。

さらに、オクラの粘り成分である『ペクチン』は水溶性の食物繊維なので、生のオクラに比べ粘りは弱くなる傾向にあります。

らいすた
らいすた

前提として『生オクラ』は『冷凍オクラ』と比べて、『歯ごたえ』『粘り』『風味』が違う!!

自然解凍NGなのに、自然解凍している

frozen-okra

『自然解凍NG』なのに、冷凍オクラを自然解凍で食べると、99.9%美味しくないです。

冷凍オクラは『自然解凍可』の商品と『自然解凍NG』の商品があります。『自然解凍可』という冷凍オクラは、『そのままで食べられる』ように完全加熱しているため、美味しく食べられます。

しかし、『自然解凍NG』のオクラは、完全加熱してないので、正直言って食感も味も最悪です。その上、加熱を完全にしていないため、食中毒の危険性もあります。ちなみに、業務スーパーの冷凍オクラは自然解凍NGで、必ず加熱が必要ですのでご注意ください。

冷凍オクラを調理する時は、『自然解凍可』かどうか必ずチェックするようにしましょう。

『自然解凍NG』だった場合、オクラを加熱する方法は次の6通り。

  • 茹でる⇒沸騰したお湯で1分ほど茹でる
  • 蒸す⇒冷凍のまま蒸し器で2分ほど蒸す
  • 炒める⇒表面の氷、水分を熱湯で落として、水気を切ってから炒める
  • 焼く⇒表面の氷、水分を熱湯で落として、水気を切ってから炒める
  • 揚げる⇒表面の氷、水分を熱湯で落として、水気を切ってから揚げる
  • 電子レンジ⇒皿にオクラが浸かるぐらい水を張って、600Wレンジで2分
らいすた
らいすた

冷凍野菜は加熱方法を間違えると、マズくなるので注意!!

必要以上に茹で過ぎている

boild-okra

冷凍オクラを必要以上に茹でるのも、マズくなる原因です。

オクラに限らず、冷凍野菜は『ブランチング』という加熱処理をしています。具体的には70~80%くらいまでは加熱しています。そのため、生野菜よりも少ない時間で調理できるのが『冷凍野菜』のメリットでもあります。

しかし、あまり茹で過ぎるとオクラが水分を吸収し過ぎて、水っぽくなります。お湯の量とオクラの量にもよりますが、沸騰したお湯で1~2分くらい茹でるのががオススメです。

茹でた後は、余熱で更に加熱されてしまうので、すぐに流水か、氷水で冷やしましょう。

らいすた
らいすた

火が通りやすいのは『冷凍野菜』の特徴。調理時間は生野菜より短く!!

④『炒める』『揚げる』前に『水気』を切ってない

fresh-vegetable

『炒める』『揚げる』前に冷凍オクラの水気を拭きとらないのも、マズくなる原因の一つです。

『茹でる』『蒸す』『レンジ』の場合は、『水分』と一緒に加熱するので、別段『水気』があっても問題ありません。しかし、『炒める』『揚げる』際は『水気』を切らないと食感が悪くなります。

そもそも、冷凍野菜には『氷の膜(グレーズ)』というのが付いています。それは、表面が冷気によって乾燥する、いわゆる『冷凍焼け』を防ぐためにわざと付けています。

ただし、その氷の膜が付いたままだと、調理している最中に水分がオクラから出てきてしまいます。そのせいで、『炒め物が水っぽくなる』『揚げ物がべちょっ』となる原因となります。

『レンジで加熱する』『熱湯をかける』などして、表面についている『氷の膜』を取り、水気をしっかり拭き取ってから調理しましょう。

らいすた
らいすた

『炒める』『揚げる』調理の時は『水気を取る』のが美味しく作るコツ!!

冷凍オクラを美味しく解凍・調理する方法

okra-ohitashi

さて、ここまで『冷凍オクラ』がマズくなってしまう原因を4つ解説してきました。最後に、『美味しくオクラを食べるコツ』に関して解説していきます。

『冷凍オクラ』の調理法・解凍法は『自然解凍可』か『加熱が必要』かどうかで変わってきます。具体的には次の方法を参照ください。

natural defrosting-okra
自然解凍のオクラの調理・解凍方法

正直、自然解凍可のオクラに関しては、そんなに注意しなくても大丈夫です。問題は『加熱が必要なオクラ』です。

needs heating-okra
加熱が必要なオクラの調理・解凍方法

水気を切る時は、『ざる』に開けた後『キッチンペーパー』等でしっかり拭いてください。

これを考えると、『自然解凍』できるオクラは使い勝手が良いですね。多少、『自然解凍』のオクラは割高になりますけど、調理時間や手間を省くことができるので、私は断然『自然解凍』のオクラをオススメします。

らいすた
らいすた

『自然解凍可』のオクラは『セブン』『ローソン』等のコンビニ冷凍野菜、市販スーパーにある『ニチレイ』ブランドの冷凍野菜等がありますよ!!

スポンサードサーチ

まとめ

まとめになりますが、まず『冷凍オクラ』が不味いと感じる原因は4つ。

  1. 生オクラと比べ、相対的に不味いと感じる
  2. 自然解凍NGなのに、自然解凍している
  3. 必要以上に茹で過ぎている
  4. 『炒める』『揚げる』前に『水気』を切ってない

今までに『冷凍オクラが不味い』と感じたことがあったならば、上記の4つが該当していないか検証してみてください。

また、冷凍オクラを美味しく食べるコツに関してですが、まず次の2つを試してください。

  • 加熱が必要なオクラは、ちゃんと加熱する。
  • 炒める、焼く、揚げる前はオクラの水気をキッチンペーパー等で取る。

基本的に上記2つのことを守れば、『冷凍オクラ』でも、ある程度のクオリティまでは近づけます。ただ、そうはいってもやはり、『味』『香り』『食感』は断然生野菜の方が良いです。『冷凍』している以上、品質の劣化は残念ながら避けることはできません。

もし、美味しいオクラが食べたいと言う方は、産直の生オクラを食べてみてください。きっと、今までのオクラと違いすぎて感動することだと思います。こちらのサイトから鮮度抜群なオクラやその他の野菜が、農家から直接買う事ができます。

農家から直接、野菜が買えるサイト『食べチョク』

この『食べチョク』というサイトの検索バーで『オクラ』と検索すると、色々な農園のオーガニックなオクラが発見できます。

野菜は鮮度が命ですから、農家から直接送られて野菜は一段と美味しいし、栄養も豊富。定期購入する必要もなく、必要な時に必要な分だけ買えるので、いちいちサイトやアプリでキャンセル処理しなくて良いのも『食べチョク』のメリットです。

食べチョクに関して詳しく知りたい方は、別の記事で解説します。

中々外出もままならない、このご時世。たまにの贅沢品として産直の新鮮な野菜を食卓に並べてみるのも楽しいと思います。

ただ、生のオクラは『ガク』や『ヘタ』を取る作業が発生してめんどくさいという事実もあります。そんな時は、『冷凍オクラ』を使うのもアリだと思います。

要は、『使い分け』なんですよね。『冷凍オクラ』を使ったレシピに関しては、こちらの記事をご覧ください。

【おかずにもう一品!】パっと作れる『冷凍オクラ』の簡単・時短レシピ9選|冷食のプロ監修

それでは、ここまで読んでくださいまして誠にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました